ワカモノヂカラプロジェクトについて

~About Youth Power Project

ワカモノの元気を社会に届けたい!

3.11×学生=未来!

 

3.11東日本大震災以降、「ワカモノのチカラを復興地に届けよう!」と集まった関西の若者たち。いち早く復興地に赴き、「ワカモノだからこそ」「よそ者だからこそ」できる活動に従事し、たくさんの汗と涙を流しました。

復興地での活動を終えた後も、関西からできる支援を模索し、さまざまな活動を継続しています。

集うワカモノは通う高校や大学、専攻する分野もさまざまです。しかし、復興地や社会に向けたオモイはみんなが同じ方向を向いています。

被災地での活動だけではなく、遠く離れた関西からも支援を続けようと、以下のような活動を展開しています。

 

 

 

マザーミサンガなどの販売を通した被災地への直接的支援 (あんだんて)


「風化」させない、被災地・復興地の様子や現状を伝える活動 (ツタリベ)

 

関西への避難者の方に対する支援活動 (サンデーロボット)

 

学生支援団体のネットワーク構築 (学生未来フォーラム)

 

「自助力」を高める、防災教育の普及啓発 (子ども防災パーク)

 

募集動画 (現在は、関西から一緒に活動するメンバーを募集しています!)


平成24年度 活動実績

ボランティアバスの運行

8月27日〜31日(4泊5日)ー岩手県

9月7日〜11日(4泊5日)ー宮城県

2期3便 参加者91名

 

学生未来フォーラム2012

9月23日ー兵庫県立大学防災教育センター

学生を中心に約100名の参加者

 

ツタリベプログラム

淡路市青少年本部、加古川市立氷丘中学校、加古川社会福祉協議会、小野市立来住小学校他

9箇所

 

あんだんて出店

姫路市西二階町商店街 夢市七福座、兵庫教育大学学祭、関西大学学祭、兵庫青少年活動フェスティバル他

12箇所

 

サンデーロボットプロジェクト

兵庫県内避難者グループ「おひさまカフェ」「ぷらっとホーム」「遊び場カフェ」3団体との共同企画

7回実施

 

子ども防災パーク

3月10日ー御影クラッセ前広場

幼児から大人まで約500名の参加者

平成23年度 ワカモノヂカラプロジェクト活動報告
第1期~第5期までの東北活動報告です!
201110houkoku.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 826.9 KB