2012年

1月

25日

兵庫県立大学震災記念公開シンポジウム開催のお知らせ

兵庫県立大学防災教育センターの森永先生と馬場先生からシンポジウムへのお誘いがありました。予定が合う方は奮って参加しましょう!以下、兵庫県立大学メルマガの転載です。

 

     兵庫県立大学震災記念公開シンポジウム開催のお知らせ
皆様も既にご存じかもしれませんが、兵庫県立大学は昨年4月に「防災教育センター」を開設しました。その設立理念は、「防災マインド(防災への優れた知と行動力)を持ち、災害時にリーダーシップを持って活躍できる人材を育成すること」です。本来なら、17年前に起こった阪神・淡路大震災直後の早い時期に開設すべきで、皆様からは「遅い!」とお叱りを受けるかもしれません。しかし、開設直前に起こりました東日本大震災に際しては、本学の「東日本大震災支援本部」と共同して、スムーズに、そして精力的に被災地の支援活動を行うことができましたし、今後も継続していくことになっています。こういった支援活動を行うと共に、本学の学生、さらには一般の皆様に「防災」、「減災」、そして「社会貢献」の重要性をしっかりお伝えできる教育機関として、これからも十分にその責務を果たしていきたいと考えております。

さて、このように発足した「防災教育センター」ですが、センター開設1年目を振り返りながら、今後の「防災・減災教育」や「社会貢献」のあり方を近隣の大学教員、兵庫県(行政)職員、そして学生の皆さんと共に考えるために、以下のようなシンポジウムを企画しました。一般の皆様にもこのシンポジウムに参加して頂き、「防災・減災社会(安全・安心な社会)の構築」を推進していきたいと思っています。

 

「兵庫県立大学震災記念公開シンポジウム」
安全・安心な社会の実現に向けて大学と大学生が果たすべき役割
~2つの大震災の教訓をふまえて~

1.主催 
  兵庫県立大学防災教育センター
2.共催
  神戸大学、神戸学院大学、ひょうごボランタリープラザ
3.日時及び場所
  2012128日(土) 13001700
  兵庫県立大学防災教育センター大教室(神戸市中央区脇浜海岸通152
  人と防災未来センター東館4階)
4.プログラム(抜粋)
・「基調講演」 
 「災害弱者を守る若い力に期待する~少子高齢社会における災害対策の課題から~」兵庫県立大学 齋藤富雄特任教授 (公益財団法人 兵庫県国際交流協会理事長)
・「パネルディスカッションI-大学および行政の果たすべき役割」
   神戸大学、神戸学院大学、兵庫県立大学の教員および県職員による意見交換
・「パネルディスカッションII-大学生の果たすべき役割」
   神戸大学、神戸学院大学、兵庫県立大学の学生による意見交換など。
・問い合わせ先 
   兵庫県立大学防災教育センター TEL:078-271-3290
〔防災教育センター 森永速男〕