2012年

10月

22日

ツタリベ in 米田小学校

こんにちは、めぐです。

1020日(土)に高砂市の米田小学校へあべちゃん、アルソックと3人でまーちんの講演会に参加してきましてきました。

 

今回は5年生と6年生を対象とした講演会でPTAの方々も参加されていました。内容としてはワカモノヂカラプロジェクトの今までの活動と今年、ワカモノヂカラ2が岩手と宮城でした現地での活動についての話をしました。そのあとはワークショップで「守りたいものBEST3」を考えて紙に書く作業をして、何人かに発表してもらいました。私の予想では色んな答えがあがるかと思っていたんですが、ほとんどの人が共通して「家族」「友達」「自分」などを守りたいという答えを書いていました。後半はそのワークショップを通して考えた自分の守りたいものをどうやって守るか「自助」「公助」「近助」の視点で話を聞き、最後に私たちから子供たちに5分ほど話をさせてもらいました。

 

今回ツタリベをした5,6年生は今まで防災について勉強してきたということで自分の命を自分で守る「自助」はできるはず。でもこれから彼らは「守られる立場」の子供からから大人になるにつれ「守る立場」に変化していくわけで。今回のツタリベを通じて自分の命を守る自助だけではなく、周りの人達をこれからは自分が守っていくんだという「近助」に気が付いてもらえたらなと思いました。90分休憩なしの講演会。小学生にとってとても長い時間だったと思うのですが最後まで一生懸命話を聞いて、積極的に手を挙げて参加してくれた姿が印象的でした。

 

米田小学校のホームページでも、こんなに大きく紹介していただきました!

http://www.takasago.ed.jp/~yoneda-s/topics/121020/index.html